愛車の売り方は大きく分けて3種類

ディーラーでの下取り、特徴とポイントは?

カーディーラーがあなたの愛車を下取りする1番の目的は自分のお店で新しい車を購入してもらうことです。そのために今ある車を下取りとして買取、処分をするということ。今ある車から新しい車に乗り換えるまで、愛車の処分や各種手続きを全て一貫して行いますから、とても簡単ですから、利用者が多いのもうなずけます。
しかし、逆に言えば買取の専門家がその車を売るために買い取るというわけではありませんから、最新の相場や希少性、人気、それぞれの愛車の状態を細かくみて査定をするわけではなく、車種や年式、走行距離など大まかな指標で大体の下取り額が決められます。また、カーディーラーは自社の車の知識には長けていますが、社外品のパーツに交換している場合は高価なもの、人気のあるものに変えていても純正品と同じかオリジナルでないということで安価な下取り額が提示されてしまうかもしれません。

中古車販売店の買取はお得って本当?

中古車販売店があなたの愛車を買い取る目的は、ズバリ、自分の店でその車を販売するためです。まずその車=商品を手に入れたいという点が大きく異なります。また、買い取ったあなたの愛車はそのまま商品になり、自社の売り上げとなるわけですから、経験を積んだ専門のスタッフが最新の相場や需要、車の状態などを細かくチェックして一台一台に適正な査定額を導きます。
また、多くの中古車販売店はきちんとした販売ルートや、修理、車検などを安価に済ませる仕組みを持っていますから、新たな顧客に引き渡すまでの修繕費や中古車オークションのための手数料なども下取りの際ほど上乗せせずに済むのです。ですから、買取は下取りに比べて、軽自動車で数万円、200万円台の車なら約10万円程度、300万円以上の車になると30万円以上も買取額が高くなるという調べもあるようです。
ここまでみてみると、下取りより断然買取がお得だと言えそうですね。


あなたの愛車を最高の価格で売るためのバイブル

この記事をシェアする